中古パソコンでもOSのバックアップはできますか?中古パソコンでもOSのバックアップは可能

   

〇リカバリーディスク作成ソフト
リカバリーディスクがあるとOSにトラブルが起きてもすぐに再インストールすることができます。しかし中古パソコンだと元々あったはずのリカバリーディスクが付いていない事がありました。リカバリーディスクが無いともしもの事を考えると不安がありますが、中古パソコンによってはリカバリーディスク作成ソフトがインストールされている事があります。

リカバリーディスクをソフトで作成する際に空きのCDやDVDなどが必要となります。最近のOSは容量が大きいのでDVDでも複数枚必要になる事が多いです。ブルーレイディスクであれば1枚で足りるはずですが、ブルーレイの読み書きができる中古パソコンである事が必要です。

〇データ用と録画用のDVD
DVDを家電量販店などに買いに行くとデータ用と録画用と2種類見られます。データ用はデータ保存用、録画用はテレビ番組などの録画に使用される種類です。近頃のコピー制限がかけられているデジタル放送のテレビ番組を録画するにはCPRM対応ディスクが必要です。

そのため録画用はCPRM対応となっています。しかしその分だけデータ用と比べると価格が少し高くなっています。リカバリーディスク作成にDVDを使用するならデータ用のほうが価格が安いので此方を選んでおくと良いです。間違えて録画用を買ってきてしまってもリカバリーディスク作成は可能なので、わざわざ後でデータ用を買ってこなくても大丈夫です。

〇Windowsのバックアック機能
このようにリカバリーディスクが付いていなくても大丈夫ですが、リカバリーディスクで再インストールすると一番最初の状態に戻ってしまい、後で環境を作り直すのが大変です。そんな時はWindowsのバックアック機能を使用しシステムイメージを作成しておくと、現在の環境をそのままバックアップできるので便利です。

システムイメージはCドライブ以外のドライブに保存する、またはCDやDVDなど外部メディアに保存する事が可能です。システム修復ディスクを作成しておくと作成したシステムイメージから復元ができます。

 - 中古パソコンのカスタマイズの方法