osなしの中古パソコンがどうして売られているのですか?前の持ち主が初期化ディスクを紛失するとosなしの中古パソコンとなる

   

〇osなしのパソコンが売られる理由
osなしの中古パソコンはosありの中古パソコンよりもosが無い分だけ価格が安いと言うメリットがあります。osありの中古パソコンだとosを選ぶことができませんが、osなしの中古パソコンであれば後で好きなosを買ってきてインストールすることが可能です。

中古パソコンは前の持ち主が使用していたものです。そのため中古パソコン店では個人情報の漏えいを防ぐ目的でハードディスクは完全消去してから売っています。しかし前の持ち主が初期化ディスクを紛失してしまうことがありました。前の持ち主がこういった中古パソコンを売るとosなしとして中古パソコン店で売られることになります。

しかし一部の中古パソコン店で海賊版のosを付けて売っていることがあります。海賊版はウイルスに感染しやすく、個人情報が漏れる恐れがあると言われています。そもそも違法なのでこういった中古パソコンは買いたくないところです。

〇MARプログラムを活用した中古パソコン
近頃ではMARプログラムを活用した中古パソコンが売られています。これは中古パソコン店とマイクロソフトが提携、osなしの中古パソコンにマイクロソフト正規のWindowsをインストールして売っているosありの中古パソコンと言う特徴があります。海賊版では無くきちんと正規のWindowsですから安心してインターネットに接続することが可能です。

後でosを買ってきてインストールする手間も無くすぐに中古パソコンを使えます。このような中古パソコンはどこでも扱っているのではないので選び方が大切となります。ソフマップなどMARプログラムに参加している中古パソコン店で見つけることができますので探してみて下さい。

MAR中古パソコンにはメーカーオリジナルのCOAラベルと中古パソコン店のCOAラベルが貼り付けしてあります。COAラベルにはプロダクトキーが記載されていますので、ご自身でライセンス認証を行ってください。ライセンス認証は使用開始から30日以内に行うことが必要です。

 - 中古パソコンのカスタマイズの方法